我が家のインフルエンザ予防!おすすめ加湿器を紹介

毎年インフルエンザワクチンを打っていない我が家の、インフルエンザ対策は「手洗い(ハンドソープは使用していない)・うがい(イソジンは使わない)・加湿・そして睡眠」です。インフルエンザにかかった年もあるけれど「5連休をありがとう」とゆっくり体を休めています。

インフルエンザ予防に加湿が有効な理由

引用: https://style.nikkei.com/article/DGXKZO93955790T11C15A1W13001/

インフルエンザが流行る時期は、家の外が寒くて湿度も低くなるから、家や学校・保育園も湿度が低くなって乾燥してしまいますね。

乾燥シーズンはインフルエンザを始めとする風邪のウイルスが、室内のホコリに付着して、空気内を蔓延しあっという間に家族に蔓延し始めます。

インフルエンザウイルスや風邪のウイルスは湿度に弱いので

室温21度・湿度65%の状態を16時間保てば、インフルエンザウイルスの感染力や増殖を防ぐことができると言われています。

なので、我が家では室内温度と湿度を気を付けて冬場を過ごしています。

石鹸やうがい薬、除菌は元々持っている自分自身の良い菌を殺し、免疫力を低下させてしまうと思っているので、ほぼほぼしません。

除菌はロタとか嘔吐系のときだけかなぁ?

石鹸も手の汚れが落ちない時に無添加石鹸を使うくらいですね。

我が家のインフルエンザ予防(風邪予防)

  • 手を洗う
  • うがい
  • よく寝る
  • 白湯を飲む
  • 室温を21度以上に保つ
  • 湿度60%以上にする

風邪に感染したら湿度65%超えをするようにしています。

普段から湿度60%以上だと、布の製品が湿っぽくなってしまいますよねー。

調節が難しいところです。

インフルエンザ予防におすすめな加湿器

我が家の加湿器はこちらです!


こちらのホワイトを数年前に楽天で購入しました。

私が加湿器を選ぶときのポイントは、

高さがあること! 湿気は下に溜まる性質を持つので、高い場所から水を噴射させることで、部屋全体に湿度が行き渡ります。

高さのない加湿器を、床に直接置いても部屋中の湿度が上がらないし、人も潤わないで床が濡れるだけです。

棚やテーブルに置くと効率が良いですが、我が家の子供たちがぶつかって落下や、コンセントコードに引っかかるなど二次被害が想像できるので、加湿器自体に高さがある物を選びました。

気化式かハイブリット式であること!

そしてお手入れが簡単なこと!

の3つを重視して加湿器を選びました。

こちらは高さもあるし、加湿量も調整できて、見た目もスタイリッシュ!嬉しいアロマ付きです!

給水も水が垂れることもなくできるし、お手入れも苦痛感なくて掃除できる感じがお気に入りです!


他に購入候補にあった加湿器も紹介します!