育児ノイローゼかなと思ったら

私は孤独だ。育児中のママのほとんどが、育児中の自分は孤独だと思うのかもしれません。そう思ったら、どうぞ迷わずsosを発信してください。家族でも民間でも良い。ママを救ってくれる人は必ずいます。

育児ノイローゼは誰でもなる可能性がある

「育児ノイローゼ」も「産後鬱」も呼び名が違うが、ママが救いの手を求めていることに違いはありません。

出産は体だけが大変だと思っているパパは大きな間違えです!妊娠中に大量に分泌されていた女性ホルモンが急激に減少するので、自律神経が大幅に乱れてあたりまえなのです。

自律神経が乱れることにより、育児ノイローゼや産後鬱になりやすい心身の不調に繋がるのです。

その心身不調の状態でワンオペだったり、寝不足・パパが育児に参加しないなどの環境問題が重なると育児ノイローゼになりやすくなってしまいます。

育児ノイローゼの特徴とは

  • すぐイライラしてしまう
  • 家事育児を完璧にこなそうとする
  • 家事育児を投げ出したくなる
  • 人と会いたくない、誰とも会話をしたくない
  • なにごとにも興味がわかない
  • 突然涙が流れ落ちる
  • 眠れない
  • 我が子がかわいいと思えない
  • 子供に笑顔で接することができない
  • 自分は孤独だと思う

どうでしょうか?自覚症状があればすでに入口に立っているのかも知れません。

子育てには終わりがくる

子供はいつか親の手を離れます。

いつまでママを必要としてくれるのでしょう

いつまで一緒に寝てくれるのでしょう

いつまでお風呂を一緒に入ってくれるのでしょう

いつまで一緒にお出かけしてくれるのでしょう

今世界中であなた(ママ)を必要としてくれているのは「我が子」です。私は主人より我が子に愛されていると思っています。

こんなに人に必要とされたのは、我が子に出会ってからが初めてです。完全ワンオペ(単身赴任妻)な私は、夜泣きに疲れ育児をしたくない時期がありました。これが私の育児ノイローゼの時期だったと思います。

でも我が子を想う気持ちは消えなかったので、いつしかこの子たちは私の手から離れる。夜泣きも今だけ、オムツも今だけ、寝かしつけも今だけ・・・と自分に言い聞かせながら日々を過ごしました。

パパに相談してそれでもダメなら

パパにもママと同じ子供への責任があるのです。2人の子供です。「私おかしくなりそう!!」と思ったら、すぐにパパに相談しましょう。

パパの仕事によっては、手を差し伸べれないパパもいるかもしれませんし、育児に無頓着なパパもいるかもしれません。

パパもだめ、家族もだめなら迷わずに

民間に相談しましょう。手遅れになる前に!!

  • 地域の子育て支援センター
  • 地域の市役所や区役所
  • 日本保育協会運営の無料ホットライン「ママさん110番」03-3222-2120
  • 森永乳業「エンゼル110番」0800-5555-110
  • 日本助産師会運営「女性のあらゆる相談室」03-3866-3072
  • 「よりそいホットライン」0120-279-226

匿名でも相談できます。一人悩まずに相談してください。