給食の牛乳を子供に飲ませないという選択

私の娘達は生まれた時から生の牛乳を飲ませていません。保育園・小学校でてい給食の牛乳も拒否しています。粉ミルクやヨーグルト、ケーキなど全ての乳製品を拒否しているわけではありません。

周りに不思議がられますが、「私は私」です。

牛乳を飲ませないと外野がうるさい

「牛乳は栄養価が高く体によい」「牛乳はカルシウムが豊富で骨を丈夫にする」と昔から言われ続けてきました。私もそう言われて育ち、疑うことなく飲んで育ちました。

ここ近年になって「牛乳は体によくない」という意見を耳にするようになりましたね。私も子供を産んだことで健康志向が目覚めて、たくさん勉強し知り得た知識です。たくさんの情報がある現在で、自分が納得するまで調べて勉強して、自分が納得する答えに出会えたら、それを実行するべきです。

子供の体に何か起こってっも責任のない外野の意見は気にするべきではない!

私の母は医者の言いなりで、医者が良いと言ったことは疑うこともなく実践する人なので、

「牛乳を飲まないと子供の身長が伸びない」「牛乳飲まないと骨が弱くて転ぶと骨折する」「昔から飲まれているんだから体に悪いなんてあるわけないでしょ」

と、遠慮なく自分の意見を押し付けてきますが、「この子たちは私の子供です。お母さんの子供ではありません」と言い返しています。理解させようともしません。長年医学に洗脳された母を理解させるのは困難です。母は母。「私は私

かかりつけ医のお医者さんも牛乳を飲ませないことでの、子供がカルシウム不足に陥ると私に説明書を突き付けてきます。我が家にとってのかかりつけ医は、「病気の病名」を知る必要があるときにかかる医者のことです。予防接種も受けないし、薬がでてもほとんど飲むことはありません。学校や保育園には登校許可書を書いてもらうために必要なお医者様です。

お医者さんにカルシウムのうんちくで牛乳を飲めと言われた時に私は「高野豆腐や切り干し大根のほうがカルシウム量もカルシウムの吸収率も良いので、そっちの食材でカルシウムを摂取しているので大丈夫です」と言いました。

保育園の園長先生にも呼び出されたことがあります。「牛乳を飲まないと○○ちゃんの栄養が心配なので、牛乳を飲めない子には豆乳を給食にだしたい」そう言って提示されたのは「調節豆乳」。

調節豆乳の原材料は添加物だらけです。本当に子供の栄養を心配しての意見ならば、もっと食について勉強してくれよ!と思いました。

本当に、牛乳を飲ませないだけで、外野はうるさい!

保護者が決めたことをなぜ子供の成長に責任がない人がごちゃこちゃ言えるのか?

「私は私」人と違ったって気にしない!

人の目を気にして子育てなんてできない!

私が子供に生の牛乳を飲ませない理由

食生活全般から牛乳を避けることはしていません。ヨーグルトやチーズももちろん食べます。ケーキもお菓子も食べます。(添加物等は気にして買い物をしていますが)長女はもう小学生だし、長女の交友関係もあります。私の食育が子供の交友関係の邪魔にならないよう、お友達と一緒のときは自由に好きなものを飲食させています。

しかし生の牛乳だけは子供にも説明して、子供も飲まないように気をつけてくれています。すべて100%理解しているわけではなく「牛乳は私達の体に合わないから飲んではいけないよ」と伝えてあります。我が子たちにはまだこの位の理由で十分だと思っています。

  • 日本人には乳糖分離酵素がないので体質に合わない。
  • 主成分の「ガセイン」が腸で栄養が吸収されないから、アレルギー反応を引き起こしやすい体質になる。
  • 牛乳のタンパク質が分解されると「モルフィン」に変化し、モルフィンは脳の動きに影響を与え発達障害などになりやすくなる。
  • 牛乳に含まれるリンが骨のカルシウムを溶かすので、カルシウムを吸収するより、カルシウム不足を起こす。
  • 牛乳の鉄分が体内での吸収率が悪く、鉄欠乏性貧血になりやすい。
  • 牛乳に含まれるホルモンは発がん性があるという研究結果がある。
  • ここ近年牛の健康状態もよくない。健康的に育てられていない牛の乳を飲みたくない、飲ませたくない。
  • 牛のエサ、牛自身の放射能汚染も心配

その理由など、もっと根本的な理由を知りたい人は調べてみてください。本当に知る必要のある情報は、自分の手で調べないとわからない時代です。

牛乳の闇も情報操作に仕組まれていると思います。

子育ては親がするもの。外野の言うことは気にしない

牛乳が体によくないという情報を知っていても、周りの目が気になって給食での牛乳を断れず、牛乳を飲ませているっていうママもいます。

それもそれで自分が納得できるのなら良いと思います。その代りデドックス性のある食生活を心がけるとか、発酵食品を多く食卓に出すとか。

子供が未成年のうち、子育てに責任があるのは保護者です。

子供が成長し病気になり「どうしてママは発がん性のある食べ物を私に与えたの?」「どうして食事に気を付けてくれなかったの?」

と言われてたらどうしますか?我が子の健康の責任は親にあると思います。(自炊できるようになるまでは)

ママ自身が納得できる食事を、今日も家族の健康の為に作りましょう。今食べているものは20年後の自分に影響を出すと言われています。

他人の目と我が子の健康どちらが大切ですか?

他人と違っても良い「私は私」