モラハラ男(夫)はモラハラの特徴を知らない

モラルハラスメントは職場も家庭でもあり得ることだけど、今日は家庭内でのモラルハラスメント=モラハラを書こうと思います。まさか自分の夫がモラハラ男だと思っていなくても、ママ自身が精神的屈辱・精神的ダメージを受けていたら、自分の旦那さんはモラハラ男なのかも!モラハラする人って、自分がモラハラの自覚が皆無!

モラハラ男(夫)の特徴とは

モラハラとは殴る蹴るといった暴力=DVとは違い、

態度や発言や行動で相手に精神的ダメージを与え、精神的に追い込んでいくハラスメントのことです。

家庭内で起こり得るモラハラの特徴は

  • 妻を見下したバカにした発言をする
  • 無視する
  • 家庭内で起こったことの責任を妻のせいにする
  • 人前で妻をバカにして笑いをとる
  • 俺が家族を食わせてやっているという
  • 舌打ちで威圧
  • 経済力を武器にして妻を支配する
  • 気に入らないことがあれば暴言を吐く
  • 物に当たって家族を威嚇する
  • 自分の責任や失敗は認めない
  • 俺が稼いだ金だ発言をする
  • 絶対に謝らない
  • 間違いや失敗を責め続ける
  • 妻がすること言うことすべて否定する
  • 平気で嘘をつく
  • 世間体を気にしすぎる
  • 嫉妬や束縛、家族を管理したがる
  • 自分自身はナイーブで脆く傷つきやすい

どうですか?チェックしてみてご自身の旦那様のモラハラ具合に気付けましたか?

ようはモラハラする男の人って

自分に自信がないので権力を武器に家族を支配し、心が狭いから自分以外のすることを認められない人なんですよね。そんな人って社会にもうまく適合できないので、そのストレスで家庭内では自分が優位に立ちたいんです。

もし奥さんが日々ご主人の目や発言を気にして生活しているようなら、ご主人はモラハラ男なんだと思います。

モラハラ男の対処法!妻ができること

離婚・別居ももちろん良いと思います。まずはママ自信の人生を生きること。精神的に夫に支配されて自分の人生が終わるなんて、まっぴらごめんです!!

モラハラ気味の夫だけど、愛すべきとこもあり、これからも一緒に歩んでいきたい、家庭を壊すつもりはない!と思うのであれば

ママが変わることが大事です!

先ほども書いたように、ママはママ自身の人生を生きる責任があります!子供のため?もちろんそれも大事です!ママが幸せなことが子供の幸せでもあります。

世間体を気にするモラハラ夫の大半は離婚は望みません。なぜなら離婚後の世間体が気になるから。それだけです。外からどう見られるか気になって仕方ないのが、モラハラ男の特徴でもあります。

なので、離婚を望まない夫ならば話し合いが有効です。

モラハラ男の言いなりになっちゃだめ!!!ママが変わりましょう!

「こんなに怒鳴られてしつこく言われるの耐えられない」

「逆の立場に立って考えて、あなたならどう思うの?」

と話してみましょう。

離婚なんて考えていない夫に対しては良い切り札になると思います。夫に従順な良き妻なほど、モラハラ夫が育つ傾向があります。

ママ自身が精神的に自立し、子供を育てる同等なパートナーであることを自覚しましょう。今の時代、夫と妻は同等です。

仕事をしているだけで子供が育ちますか?育ちません!ママが子育てしているから子供は健やかに育つのです。

ママがいなくてパパは生活できますか?できません!ママが衣食住を支えているからパパは仕事に集中できるのです。

野菜やお肉を買うだけで健康を維持できますか?できません!ママがバランスを考えて食事を作っているからです。

ママがいるから家庭が回るのです!パパに支配される生活から抜け出すために、自分の気持ちをご主人に話してみましょう。

モラハラ男の根本的な原因

たいていの場合は自分が育った家庭環境がそうさせていることが多いと思います。親世代はまだまだ父親が権力を持ち、母親が従う家庭環境が多かったので、それを見て育ったことが原因かもしれません。

専業主婦に育てられた男の人って、家庭を持つと母親にしてもらったことを、妻に求める傾向があります。しかしながら、妻は夫の母ではない!親が子にするようなことをする必要はないと思います。

親が多干渉で過保護だと幼少時から親がなんでもしてくれたので、責任の所在が自分にあることを認識せずに育つということもあるそうです。

親にあまり褒められず自己肯定力が低いまま育つと、大人になるにつれてコンプレックスが大きくなり、世間体をばかりを気にして、外面がよい大人になります。

モラハラ夫はモラハラの自覚がない

たいていのモラハラ男(夫)は自分が正しいと思い込んでいるので、自分の言動行動は妻のためになっていると、恐ろしい勘違いをしています。

「あなたが言ったことで私は精神的に傷ついている。これはモラハラだと思う」と言って理解してくれる人は、まだまだ改善の余地があり、これ家庭構築することができる人だと思います。言ったことで、自分の言動を反省してくれるかもしれません。モラハラってこういうことなんだな、と自覚してくれといいですね。

「コイツは俺をモラハラ男に仕立て上げようとしている!」

と、思ってしまう重度なモラハラ男の場合は、第三者への相談が必要だと思います。

もしご主人が育った家庭環境がご主人をモラハラ夫にさせているのなら、勇気をだしてお姑さんに相談してみるのもありかもしれません。

お姑さんもモラハラ夫の被害者なのかも。お義父さんもご主人と同じタイプなのかよく観察してみてください。

専門家に相談してみるのも良いかもしれませんが、離婚する気がない場合は中々難しいかもしれませんね。

反省してもらうために、母子で実家に帰るのも有効かもしれません。

自分の言動を反省してもら良いきっかけになると思います。